本文へスキップ

株式会社オーイーエスは高性能触媒を主とした、アンモニア排水無公害処理システム・VOC対策・脱臭装置の会社です。

アンモニア排水処理システムCAT-ReCOx Ammofree

排水処理システム:Ammofree

 CO2削減・窒素規制に対応
放散塔(アンモニアストリッピング)+ReNOX(アンモニア処理装置+STCP(MEC蒸気回収システム)の組み合わせにより、アンモニア排液の無公害処理が、低CO2、低ランニングコストで容易に達成されます。
ReNOxは独自の制御により、安定して1.2%以上(最高1.8%)での高濃度アンモニアガス処理を行い、分解熱が容易に回収され、殆ど、加熱エネルギーを必要としません。
蒸気回収+高濃度処理によって、従来とは、比較にならない「低燃費」が、達成されます。


排水処理フロー

排水処理システム フロー

 1)貯留タンクに貯められたアンモニア水は、放散塔へ供給されます。
 2)放散塔に蒸気を供給します。
 3)放散塔より蒸気が放出され、真空状態のリボイラー蒸発缶より蒸気の供給が開始されます。
 4)蒸気圧縮機が作動し蒸気供給が停止、または削減されます。
 5)放散塔により分離された高濃度アンモニアは、ReNOxにより低燃費で無害化されます


消費エネルギー

【時間5TON NH4排液処理の場合】

 1.排水処理部 消費エネルギー
  従来技術 CAT-ReCOX Ammofree
必要蒸気量 800s/Hr 160s/Hr(補助蒸気)
蒸気回収使用電気量 0 26kWh/800kg
蒸気コスト(5円/kg) 4000円/Hr 1112円/Hr
ランニングコスト 33,600,000円/Year 9,340,000円/Year

※蒸気量は、仕様に変更されます。
※電力コストは、12円/kwhです。

アンモニア排ガス処理装置 消費エネルギー(アンモニア処理量:14s/Hr)
  従来技術 ReNOX-20
最高処理濃度 10000ppm 18000ppm
最大希釈空気量 40Nm3/min. 20Nm3/min.
加熱ヒータ使用電気量 46kWh 2kWh
吸引ファン使用電気量 22kWh 11kWh
ランニングコスト 6,850,000円/Year 1,310,000円/Year


※数値は、実績値であり、保証値ではありません。

バナースペース

株式会社 オー イー エス

〒444-0837 (map)
愛知県 岡崎市 柱 1-6-14-503

  TEL 0564-64-5567
  FAX 0564-64-2750